トップページ >よくあるご質問>標準分電盤

標準分電盤 よくあるご質問

標準分電盤

Q1.プラグイン小形ブレーカの取り付け・取り外し方法は?

(取り付け1)
ブレーカ取付台の溝にブレーカ底面の溝をあわせてセットします。
(取り付け2)
ブレーカを水平に母線導体へ当たるまで差し込みます。
(取り付け3)
ブレーカのロックレバーを押し下げます。
(取り外し3)
上方へ持ち上げて取り外します。
(取り外し2)
ブレーカを外側へ水平に引き抜き母線導体から離脱させます。
(取り外し1)
ブレーカのロックレバーを押し上げます。
   

Q2.プラグイン小形ブレーカの100Vから200Vに切り替える方法は?

注意! 電圧切り替えは必ずブレーカを取り外して行なってください。

      2E 100V (T,N) から200Vへ切り替えの場合
     

上部の切り替えノブを
プラスドライバーにて
左に180° 回転させる。

 

電源側の緑色カバーを閉める。

   

電源側のドアを開く。

 

プラグイン端子が目的の位置へ移動したことを側面ラベルにて確認してください。

2E 100V (R,N) から200Vへ切り替えの場合

下部の切り替えノブを
プラスドライバーにて左
に180°回転させる。

 

上部の切り替えノブを
プラスドライバーにて左
に180°回転させる。

 

電源側の緑色カバーを閉める。