トップページ > 会社情報>沿革

沿革

大正9年6月 故丹羽長三が丹羽金属製作所を創設
各種開閉器、断路器等電気器具の製作販売に従事
昭和24年9月 内外電機製作所に商号を改称
昭和28年4月 株式会社内外電機製作所に改組、 故丹羽史朗代表取締役に就任
昭和31年7月 配電函の型式承認取得し製造を開始
昭和39年6月 岐阜県御嵩町に岐阜工場建設、配電函の製造を開始
昭和46年3月 盤用キャビネット「Mボックス」を発売
昭和51年2月 山梨県玉穂村に甲府工場建設
昭和51年3月 東大阪市高井田本通に本社ビル新築移転
昭和61年1月 岡山県津山市に津山工場建設
平成3年9月 大阪府四條畷市に京阪奈工場建設
平成4年1月 岐阜工場を新築
平成5年7月 内外電機株式会社に改組、 丹羽一郎代表取締役に就任
平成11年5月 山梨県南アルプス市に山梨工場新築移転
平成12年5月 京阪奈工場 「JSIA優良工場」 認証取得
平成12年11月 京阪奈工場・本社・営業 「ISO9001」 認証取得
平成13年9月 山梨工場 「ISO9001」 認証取得
平成13年11月 山梨工場 「JSIA優良工場」 認証取得
平成14年8月 津山工場・岐阜工場 「ISO9001」 認証取得
平成16年7月 産業システム事業本部 「ISO9001」 認証取得
平成16年9月 岐阜工場 「ISO14001」認証取得
平成19年8月 本社 ・ 京阪奈工場 ・ 山梨工場 ・ 津山工場 ・ 営業グループ 「ISO14001」 認証取得
平成20年3月 中国上海で紅羽内外電機設計 (上海) 有限公司設立
平成20年7月 電灯回路から動力回路までをラインナップしたプラグイン分電盤の開発 ・ 販売
平成20年10月 資本金を 2億 5,100万円に増資 (第三者割当増資)
平成21年8月 オール電化対応住宅用ミニTOPホーム分電盤を開発 ・ 販売
平成21年9月 電気自動車用充電スタンドを開発 ・ 販売
平成22年5月 本社を東大阪市高井田から東大阪市西堤に移転
平成22年5月 管理本部を東大阪市高井田から大阪市中央区に移転
平成22年7月 電気自動車用充電スタンドエレナージプラスを開発・販売